研究結果一覧

私たちの研究結果を掲載していきます。

【美への近道】女性ホルモンの作用を正しく理解しよう

女性ホルモンには健康や美容に欠かすことができない重要な作用があるんです!さまざまな雑誌で特集が組まれたり、サプリメントが販売されたりしている「女性ホルモン」。今回は、この女性ホルモンの作用について詳しくご紹介します。

女性ホルモンが身体に与える作用

健康と美容に影響があるとされる「女性ホルモン」。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。

「名前は耳にしたことあるけど、どんな働きをするのかは知らない」という方もいらっしゃると思いますが、それぞれどのようなホルモンなのか、ご紹介します。

エストロゲンとは?

エストロゲンとは、卵胞ホルモンともいわれ、卵胞や黄体から分泌される女性ホルモンです。

生理後から排卵前にかけて分泌量が増え、その作用として、

 

  • 妊娠を助ける

  • 動脈硬化の予防

  • 骨粗しょう症の予防

  • 女性らしい身体の曲線を作る

  • 脳や自律神経のバランスを保つ

  • 肌や髪の潤いを保つ

 

といったものが挙げられます。

年齢や時期によってその分泌量は変化し、40代後半から閉経後になると分泌量が低下することがわかっていますが、自律神経や脳の働き、骨などの健康への影響はもちろんのこと、美容にとっても影響があるホルモンなのです。

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるということを耳にされたことがある方もいらっしゃると思いますが、イソフラボンはエストロゲンに似た作用を持っているので、大豆製品を積極的に食べるといいですよ。

プロゲステロンとは?

プロゲステロンとは、黄体ホルモンともいわれ、排卵後に卵巣で分泌される女性ホルモンです。卵巣の他に、副腎や神経細胞などでも分泌されますが、その作用として、

 

  • 乳がんを防ぐ

  • 基礎体温を上げる

  • 妊娠の維持

  • 乳腺の発達

  • 幸福感を高める

  • 血糖値の正常化

  • 利尿作用

といったものが挙げられます。

妊娠したいというときには特に欠かすことができないホルモンで、不足することによって不妊症につながることも分っています。

プロゲステロンの分泌を整えるためにおすすめなのがビタミンEを含む食材。かぼちゃやうなぎ、アーモンドや抹茶などにビタミンEは多く含まれています。ビタミンA・ビタミンCと一緒に食べると吸収が良くなるので、バランスよく食べてみてください。

女性ホルモンが低下すると起こるトラブル

女性ホルモンは、年齢やストレス・睡眠不足・過度のダイエットなどの生活習慣の乱れによって、ホルモンの分泌量が変化することが知られています。

女性ホルモンが低下することによって、

 

  • 生理不順

  • 月経前症候群

  • 不妊症

  • 自律神経失調症

  • 更年期障害

  • 肌荒れ

  • 抜け毛

  • 動脈硬化

  • 代謝の低下

  • 骨粗しょう症のリスク

 

など、血管や骨など身体的な健康はもちろん、美容や心にもさまざまなトラブルが起きてしまうことが分かっています。

女性らしさを維持するためには

女性らしさに重要な働きのある女性ホルモンですが、分泌量が増えれば、より女性らしくなれるというものではありません。エストロゲンやプロゲステロンが過剰に分泌されることで乳がんや子宮がん、肌トラブルなどの原因にもなるのです。

女性らしさを維持するために重要なのは「ホルモンバランスを保つこと」。

ホルモンバランスを整えるためには、

 

  1. バランスのいい食生活

  2. 睡眠をしっかりとる

  3. 運動をする

  4. ストレスを溜めない

  5. 過剰なダイエットをしない

  6. 身体を温める

 

ということが大切です。

バランスのいい食生活

ホルモンバランスを保つために重要なのが栄養バランス。女性ホルモンの分泌のために摂りたいのがたんぱく質。肉や魚・豆腐や卵に含まれるたんぱく質をしっかりと摂ることがおすすめです!

また、女性は生理によって鉄分が不足したりホルモンの影響でむくみや便秘などに悩む方が多いので、鉄分や食物繊維も意識して撮るようにするといいですよ。

睡眠をしっかりとる

ついつい夜更かしをしてしまったり……と睡眠不足になりがちな生活を送っている方も多いと思いますが、睡眠不足は視床下部に悪影響を及ぼすことにより自律神経やホルモンバランスの乱れにつながってしまいます。

エストロゲンとプロゲステロンは、それぞれ睡眠と関わりのあるホルモンとも言われています。たとえば、妊娠初期には強い眠気を感じるということはよくありますし、黄体ホルモンが分泌されている時期は基礎体温が高いために眠りにつきにくいと感じる方も多いようです。

ホルモンバランスによって眠り安さなどに違いが出てきますが、なるべくたっぷりと睡眠をとるようにしてくださいね。

運動をする

ホルモンバランスを整えるために必要な自律神経ですが、運動をすることによって自律神経を活性化することができるされています。何かスポーツをしましょう!というものではなく、軽くウォーキングをする程度で十分なので、美容のために体を動かす習慣を身につけるようにするといいですね。

ストレスを溜めない

女性ホルモンは脳の視床下部でコントロールされているホルモンですが、視床下部は、ストレスによって強い影響を受けるとされています。そのため、ストレスの多い生活を送ることによって、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。ストレスが溜まっているという方も多いと思いますが、美味しいものを食べたりショッピングや旅行をするなど、ストレスを解消する方法を見つけて、なるべくストレスを溜めない生活を送ることが大切です。

過剰なダイエットをしない

ついつい食べすぎてしまったり、「モデルの人のように痩せたい!」とダイエットを行ったことがあるという方は多いと思いますが、過剰なダイエットを行うことはホルモンバランスを崩す原因の一つで、生理不順につながってしまう恐れもあります。

ダイエットをしたい!と思う方におすすめなのは生理後から排卵前の時期のダイエット。

この時期は、エストロゲンの分泌が増える時期なのですが、エストロゲンは内臓脂肪をエネルギーに変えてくれるという働きも持っているので、少しの運動で効果的にダイエットをすることができるんです。ぜひ、自分の身体のサイクルに合った時期にダイエットをしてみてくださいね。

身体を温める

女性に多い冷え性ですが、冷え性になると全身の血行不良や卵巣の機能低下などが起こります。卵巣の機能低下を生じると、女性ホルモンの分泌の低下につながってしまうため、美容や健康に大きな影響が現れます。そのため、冷たい飲み物ばかりではなく温かい飲み物を飲んだり、入浴をシャワーだけで済ませるのではなく湯船にしっかり浸かるなど、体を温めるような生活を送ることが大切です。

最後に

健康や美容などに欠かせない作用がある女性ホルモン。ついつい過剰なダイエットをしたり夜更かしをしてしまいがち……という方も多いと思いますが、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことでさまざまな不調が現れてきます。女性ホルモンの持つ作用を生かし、美しく健康に過ごすために、ぜひ規則正しい生活を送るようにしてみてくださいね。

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください