研究結果一覧

私たちの研究結果を掲載していきます。

今日から実践!女性ホルモンの増やし方「簡単10ステップ」

今回は、女性ホルモンの増やし方をご紹介します!健康と美容に大きく影響する女性ホルモン。年齢や生活習慣など、さまざまな要因によって分泌量が変化することが知られていますが、実は、女性ホルモンを増やす方法があるんです!

女性ホルモンが増えると美しさ倍増

女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類に分けることができ、それぞれ美容と健康に大きく影響する働きをしています。

それぞれどのような働きがあるのか、簡単にご紹介します。

エストロゲンの働きは?

エストロゲンは、生理後から排卵前にかけて分泌され、別名「卵胞ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンです。

エストロゲンは、「美のホルモン」としても知られていて、エストロゲンの分泌量が多い時期は肌のコンディションが整いやすい時期でもあります。

また、血管をしなやかにしたり骨を強くするなどの働きもあり、脳の血流を保つことで認知機能を保つなど、健康にも大きな影響のあるホルモンと言われます。

プロゲステロンの働きは?

プロゲステロンは、排卵後から生理前までに分泌され、別名「黄体ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンです。

この時期は、精神的に不安定になりやすかったり、肌荒れやニキビなど肌トラブルに悩む女性も多い時期ですが、血糖値をコントロールしたり体脂肪を減らしてくれるなどの働きも持っていると言われます。

また、妊娠をサポートする働きがあるので、妊娠したいと願う女性には欠かせないホルモンなんです。

 

生理の周期によって変化するホルモンの分泌量ですが、エストロゲンもプロゲステロンも、分泌量が低下することによって更年期障害や骨粗鬆所・認知症・肌荒れなど身体と心にさまざまな不調が現れます。

逆に、女性ホルモンが増えることによって肌や髪にハリのある、女性らしい美しさを保つことができるんです!

簡単10ステップ!女性ホルモンの増やし方

女性らしくあるために必要な女性ホルモンですが、その分泌量は女性の生涯を通してティースプーン1杯程度しかないといわれています。

年齢やストレス・食生活の乱れなど、さまざまな要因によって女性ホルモンの分泌量が低下することが分かっていますが、実は女性ホルモンを増やすことも可能なんです。

では、どのような方法によって女性ホルモンを増やすことができるのかというと、

 

  1. 女性ホルモンの分泌に効果のある食材を食べる

  2. リラックスする

  3. ハーブティを飲む

  4. 身体を温める

  5. 禁煙する

  6. サプリを飲む

  7. 恋愛をする

  8. ホルモン注射を受ける

  9. いい睡眠をとる

  10. ツボ押し

 

……などが挙げられます。

1. 女性ホルモンの分泌に効果のある食材を食べる

女性ホルモンの分泌のためにおすすめしたい方法のひとつが「女性ホルモンの分泌に効果のある食材を食べる」こと。

どのような食材が良いのかというと、次のようなものです。

  • 大豆

  • ナッツ類

  • かぼちゃ

 

【大豆】

大豆は、ご存知の方も多い「イソフラボン」がエストロゲンに似た作用を持っています。また、イソフラボンだけでなくビタミンEも多く含んでいるので、とってもおすすめの食材です。

【ナッツ類】

ナッツ類はビタミンEを多く含み、視床下部や卵巣の働きを活性化してくれる効果が期待できます。おやつ代わりに食べるのもいいですし、サラダなどに混ぜてみると手軽に食べることができますよ。

【魚】

魚はたくさんの種類がありますが、なかでもおすすめなのが「青魚」。

たんぱく質やビタミンB6を豊富に含んでいます。ビタミンB6は、女性ホルモンに欠かすことができない栄養素ですし、魚を食べることで脳の働きもよくなるのでぜひ食べるようにしてみてくださいね。

【卵】

女性ホルモンは、コレステロールを原料にして作られていますが、卵は良質なコレステロールを含んでいる食材です。また、食物繊維とビタミンC以外の栄養素を含んでいるので、ぜひ食べるようにしたい食材です。

【かぼちゃ】

かぼちゃは、ビタミンEが豊富に含まれている食材です。ビタミンEを摂ることで脳の下垂体や卵巣の活性化につながるので、ぜひ煮物やスープなどで食べるようにしてみてくださいね。

2. リラックスする

仕事や人間関係など、知らず知らずのうちにストレスを溜めているという方が多いと思いますが、ストレスが溜まると女性ホルモンの分泌にも影響が現れます。

美味しいものを食べる・映画を観る・思いっきり遊ぶなど、ストレス発散をすることが大切です。

リラックスすることによって、自律神経の働きを整えて女性ホルモンのバランスを整える効果があるので、リラックスできる時間を作ってみてくださいね。

3. ハーブティーを飲む

ハーブティーをよく飲んでいるという方は少ないかもしれませんが、ハーブの香りと成分は、ストレスの軽減やリラックス効果を得るためにとてもおすすめです。

ハーブの種類はたくさんありますが、中でもおすすめなのが、

 

  • ローズ

  • セージ

  • カモミール

 

になります。

カモミールはもともと婦人病の薬として用いられていたハーブで、リラックス効果が高いといわれています。また、セージは女性ホルモンのような効果があるハーブで、少量でも効果を得ることができるそうです。ローズは単体でとってもその香りでリラックスすることができそうですが、他のハーブと一緒に取り入れることでさらに相乗効果を得ることができるようですよ。

4. 身体を温める

女性は「冷え性」という方が多いと思いますが、身体を冷やすと血行不良でさまざまな不調を感じることが多くなります。冷たい飲み物を好んで飲むほか、温かい飲み物でも身体を冷やしてしまう作用があるものを好んでいると、いつの間にか身体の冷えに悩まされることになります。

身体を冷やす作用のある飲み物の1つとしてあげられるのが「コーヒー」。よく飲んでる!という方も多いのではないでしょうか?

コーヒーを飲むことでホッとリラックスするという方も多いと思いますが、必要以上にカフェインを飲むと、交感神経を興奮させる影響があるので、1日2・3杯程度に抑えて、紅茶やココアなど、身体を温める飲み物を飲むようにするのがおすすめです。

5. 禁煙する

健康被害があると禁煙が推奨されていますが、たばこに含まれるニコチンによって、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下することがわかっています。

エストロゲンが少なくなることで、生理不順やコラーゲンの生成が阻害されるなど、美容に大きな影響が出てくるようなので、たばこをやめるという決断も大切ですよ。

6. サプリを飲む

さまざまな種類のサプリメントが販売されていますが、女性ホルモンのサプリももちろん販売されています。

サプリメントを摂ることで、女性ホルモンを手軽に補うことができるので、習慣としてサプリメントを取り入れるのもいいですよ。

7. 恋愛をする

女性ホルモンの分泌に効果があるのが「恋をすること」!

恋をしていると、幸せな気分になることって多いですよね。恋愛をすると、「フェニルエチルアミン」という恋愛ホルモンやオキシトシン、快楽ホルモンであるドーパミン、女性ホルモンの分泌を促すといわれます。

現実には好きな人がいない……という方でも、芸能人など好きな人を見つけるいいですよ。

8. ホルモン注射を受ける

不足した女性ホルモンを増やすための方法のひとつとして、ホルモン注射があります。ホルモン注射は手軽にできそうですし、女性ホルモンの量を確実に増やすことができそうですよね。

9. いい睡眠をとる

女性ホルモンにとって重要なのが睡眠。

ゴールデンタイムといわれる22時から2時に睡眠をとることで、女性ホルモンの分泌を促すことができるんです。

22時というとまだまだ起きてる時間……という方も多いと思いますが、健康と美容のために早めに寝る習慣を作るのもおすすめですよ。

10. ツボ押し

人間の身体には、たくさんの「ツボ」がありますが、このツボを押すことによって、不調を改善する効果があることは多くの方がご存知だと思います。

このツボの中には、押すことによって女性ホルモンを増やすのに効果があるとされるツボもあり、脚の親指の指紋の渦の真ん中にある「下垂体」や足裏にある「湧泉」、「副腎」などがあります。

ツボ押しによってホルモンバランスの調整ができるなら、実践してみたいですよね。青竹踏みや足つぼ名人など、手軽に試すことができる商品もあるので、ぜひ試してみてください。

ホルモン注射を考えている女性へ

誰でも手軽に女性ホルモンを増やすことができる方法である「ホルモン注射」ですが、ホルモン注射を受けることによってどのような効果が得られるのか、また、ホルモン注射を受けることによるリスクはないのかについてご紹介します。

ホルモン注射を受けることによって得られる効果

ホルモン注射を受けることによって女性ホルモンを手軽に補うことができ、女性ホルモンが減少することによって起きるさまざまな不調を改善し、美肌や健康を手にすることができると言われます。

現在、ホルモン注射は更年期障害や不妊治療、性同一性障害の治療に用いられています。

ホルモン注射のリスク

ホルモン注射をすることによって、女性らしい体つきや健康を得ることができますが、女性ホルモンは本来身体の中で作られるホルモンであるため、注射によって補うことで副作用を生じることもあります。

女性ホルモンの注射によるリスクとして、乳がんや卵巣がん・子宮がんなどの癌になるリスクや肝機能障害・食欲減退・心筋梗塞・倦怠感などさまざまな症状が現れることがあるとされています。

女性ホルモンの注射は現在、医師の判断の元、肝機能とホルモン比率の検査をしながら実施されているので、受けてみたいと思う方はまず医師に相談してくださいね。

最後に

いかがでしたか?健康と美容に重要な女性ホルモン。さまざまな要因で減少することがわかっていますが、自分で手軽にできる方法で女性ホルモンを増やすことも可能です。

興味のある方法からでもいいので、ぜひ試してみてくださいね!

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください