研究結果一覧

私たちの研究結果を掲載していきます。

女性ホルモンのバランスを崩さないための【徹底アドバイス】

女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」のバランスが崩れると、身体や心にさまざまな不調が現れることが知られています。今回は、女性ホルモンのバランスが崩れる原因やバランスを維持するための方法についてご紹介します!

女性ホルモンバランスを崩すと起こる不快な症状

女性ホルモンのバランスが崩れると身体や心にさまざまな症状が現れますが、まずは、女性ホルモンについてご紹介します。

女性ホルモンとは?

ご存知の方も多いと思いますが、女性ホルモンとはどういうものなのでしょうか?

女性ホルモンとは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つのホルモンのことを指し、脳の視床下部や下垂体から刺激ホルモンが分泌されることによって卵巣から分泌されるホルモンです。

この2つのホルモンは、月経周期で分泌量が変化し、エストロゲンは月経から排卵前に分泌量が増え別名「卵胞ホルモン」とも呼ばれるホルモン、プロゲステロンは排卵後から月経までに分泌量が増え、別名「黄体ホルモン」と呼ばれるホルモンです。

月経周期でホルモンバランスが変化していますが、ホルモンのバランスが保たれることによって身体や心の健康が保たれているんです。

 

しかし、この女性ホルモン、年齢やストレス、生活習慣の乱れなど、ちょっとした原因によってバランスが崩れてしまうんです。

女性ホルモンのバランスが崩れるとどうなる?

では、女性ホルモンのバランスが崩れるとどうなるのでしょうか?

女性ホルモンのバランスが崩れると、

 

  1. 生理不順

  2. 不正出血

  3. 月経前症候群

  4. 不妊症

  5. 自律神経失調症

  6. 更年期障害

  7. 肌荒れ

 

など、さまざまな不調が現れてきます。

女性ホルモンのバランスが崩れる原因

女性ホルモンのバランスが崩れることによってさまざまな不調が現れてきますが、ホルモンのバランスが崩れる原因として、

 

  1. 食生活の乱れ

  2. 運動不足

  3. 冷え

  4. ストレス

  5. 睡眠不足

  6. 年齢

 

などが挙げられます。

仕事で忙しくてなかなか運動する時間がないという方や、食事はついつい外食で済ませがち……という方、飲み物は冷たい物が多いという方も多く、また、寝る前にテレビを観たりネットをしたりと目と脳を使っていて、寝たつもりでも実はしっかりと熟睡はできていないということも……。

誰でも思い当たるような生活習慣の中に、ホルモンバランスの乱れにつながる原因があるんです。

このほか、思春期など成長過程にある時期や40代以降の更年期と呼ばれる時期になると、ホルモンバランスは乱れやすくなります。

女性ホルモンバランスを維持する5つの徹底アドバイス

身体と心の健康に深い関係のある女性ホルモンのバランス。

生活習慣の乱れやストレスなどちょっとした原因でバランスを崩してしまいやすいのですが、その原因を取り除くことで女性ホルモンのバランスを維持することができるんです!

女性ホルモンのバランスを維持するためにおすすめなのが、

 

  1. バランスのいい食事

  2. 軽い運動

  3. 身体を温める

  4. ストレスを溜めない

  5. 睡眠をしっかりとる

 

といった方法。どれも簡単にできるイメージがありますよね。

①バランスのいい食事

毎日忙しくて食事はついファストフードや外食などで済ませがち……という方も多いと思いますが、食生活はホルモンバランスと深い関わりがあり、栄養バランスが乱れていることによって体の不調を感じるという方も実は多いんです。

ホルモンバランスを整えるためにおすすめなのは「バランスのいい食事」。

肉や魚などももちろんですが、納豆や豆腐などイソフラボンを多く含む食材、かぼちゃやウナギ、アボカドなどビタミンEを含む食材やビタミンEの吸収を促すビタミンAやビタミンCをバランスよく食べることが大切です。

②軽い運動

建物内の移動はエレベーターやエスカレーター、外は車や電車を利用している……という方も多いと思いますが、階段を利用したりちょっと歩く距離を延ばすなど、日常生活の中で無理なくできる運動をすることもホルモンバランスを整えるのにおすすめの方法です。

寝る前にちょっとストレッチをするだけでも、自律神経の活性化につながるので、できそうな方法を試してみてくださいね。

③身体を温める

冷たい飲み物を飲み過ぎたり、薄着で過ごしている、という方も多いと思いますが、体の冷えはさまざまな不調につながります。

飲み物を常温のものや温かいものに変えたり、ゆっくりと湯船にお湯を溜めて入浴をするなど、体を温めるようにするといいですよ。

④ストレスを溜めない

ホルモンバランスを整えるために重要なのが「ストレスを溜めないこと」。

仕事や人間関係など、ついついストレスを溜めがちという方は多いと思いますが、趣味や楽しみを見つけて、ストレスをうまく発散することが大切です。

⑤睡眠をしっかりとる

睡眠中は、女性ホルモンが多く分泌されます。そのため、しっかりと睡眠をとることが大切なんです。しかし、睡眠時間が長ければ十分、というだけではなく、短くても質のいい睡眠をとることが大切。特に、夜10時から2時の間に睡眠をとることがおすすめです。

「まだ眠くないから」とついつい夜更かししてしまう方もいると思いますが、健康に過ごすために夜になると明かりを暗くして眠りにつきやすい環境を整えるなど、睡眠をしっかりととるようにしてくださいね。

最後に

月経周期によってホルモンバランスが変化する女性ホルモン。バランスが保たれていると身体も心も健康に過ごすことができますが、バランスが崩れてしまうとさまざまな不調が現れてきます。

ホルモンバランスを保つために重要なのはバランスのいい食事やストレスを溜めないといった簡単な方法なので、身体と心の健康のために、ぜひ試してみてくださいね!気になる症状があるときは、早めに受診するものおすすめですよ!

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください