研究結果一覧

私たちの研究結果を掲載していきます。

女性ホルモンの低下|更年期を穏やかに過ごす5つのコツ

女性特有のカラダの変化「更年期症状」

更年期の頃を迎えると、女性のカラダには「更年期症状」といわれる女性特有のカラダの変化が起こります。ご存知の方も多いと思いますが、「更年期」について、まずは簡単にご紹介します。

更年期とは

更年期とは、卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が減少する時期のことを指し、閉経前後の10年くらいを言います。日本人女性が閉経を迎える平均年齢は50歳前後といわれているので、更年期は45歳から55歳前後を指しています。女性ホルモンは体や心の健康に大きな影響を持っているホルモンのため、更年期に入って女性ホルモンの分泌量が減少すると、身体や心に「更年期症状」と呼ばれる様々なトラブルが現れます。

更年期にはどういう症状がある?

更年期症状というと「ホットフラッシュ」と呼ばれる急なほてりなどを思い浮かべる方が多いと思いますが、ホットフラッシュの他にもイライラや不眠など、さまざまな症状があります。代表的な症状をまとめると

1.自律神経失調症状・・・身体のだるさ・のぼせ・ほてり・手足が冷える・動悸・血圧の変化

2.精神神経の症状・・・物忘れ・孤独感・イライラ・不眠・憂鬱

3.月経異常・・・月経の周期の乱れ・不規則な出血

4.膀胱の衰え・・・頻尿・尿漏れ

5.肌の悩み・・・肌の潤いの低下によるしわ・たるみ・透明感の低下

などがあるとされています。

どの症状が現れるかや、症状の程度は個人差がありますが、更年期を迎えて女性ホルモンの分泌量が低下すると身体や心の健康に、さまざまなトラブルを生じるといえます。一方で、動悸や血圧の変化・月経異常などの症状を「更年期症状かな?」と放置していると、実は別の病気だったということもあります。気になる症状が現れた時には、まず病院を受診するようにされるのをおすすめします。

更年期を穏やかに過ごす5つのコツ

更年期は、閉経を挟み前後10年程度の期間を指しています。

閉経が近づくと卵巣の働きが低下することに伴って、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の分泌量が低下するために更年期障害といわれる不調が生じます。更年期を穏やかに過ごすためにおすすめの方法を5つご紹介します。

1.女性ホルモンを補う

更年期障害は、女性ホルモンの分泌量の低下によって生じます。そのため、更年期障害を解消するためにおすすめの方法が女性ホルモンを補う事。

補う方法として

  • 女性ホルモンを補う食材を食べる

  • サプリを飲む

という方法があります。

女性ホルモンを補うことができる食材としては

  • 大豆

  • かぼちゃ

  • ナッツ類

  • アボカド

  • 肉や魚

などがあります。大豆は女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似たような作用を持つ食材で、女性らしい体を保つためにおすすめです。また、卵は完全栄養食といわれるほど栄養が豊富に含まれている食材なので、1日1個食べると良いとされています。このほか、ナッツ類はおやつなどに手軽に食べることができるので、ぜひ意識して食べるようにしてみてくださいね。

2.漢方薬を飲む

女性ホルモンの分泌量の低下により、身体や心にさまざまな不調が生じますが、その改善には病院を受診して症状をやわらげる薬を処方してもらうという方法があります。

薬の中でもおすすめなのが副作用の少ない漢方薬。

それぞれの症状によって処方される漢方薬は異なるので、病院で医師に症状を相談されるといいですよ。

3.生活習慣を整える

女性ホルモンは、生活習慣の乱れによっても分泌量が変化します。十分な睡眠と適度な運動、朝起きたら朝日を浴びるなど、生活習慣を整えることによって体調の変化が見られますので、ぜひ試してみてくださいね。

4.ハーブティを飲む

ハーブティには、その成分や香りによって脳や神経をリラックスさせる効果があります。また、女性ホルモンのバランスを調整したり女性ホルモンの分布を促す効果を持っているハーブもあります。ハーブの中でもおすすめなのが

  • ローズ

  • セージ

  • カモミール

の3つ。夜寝る前に温かいハーブティを飲むと、身体が温まってゆったりとした気持ちで眠ることができるので、寝る前に飲むのもおすすめですよ。

5.恋をする

女性ホルモンを増やすために簡単にできる方法の1つに「恋をする」という方法があります。恋をすることによって美しく健康に過ごすことができるので、ぜひ恋をするといいですよ。「現実には好きな人がいない。」「ときめかない。」という場合は、芸能人などの身近な存在ではない相手でも、好きな人を作るといいですよ。

女性ホルモン低下を抑え体調を整える

更年期になり、閉経が近づくと卵巣の働きの低下により分泌量が低下する女性ホルモン。

更年期は誰でも通る時期であり、避けることができないので、体調を整えるためには女性ホルモンの低下を抑えることが大切です。

女性ホルモンの分泌量の低下は加齢をはじめ生活習慣の乱れやストレス・運動不足などの原因によって起こります。

女性ホルモンの分泌量の低下を抑えるために日常生活の中で簡単にできる方法を3つご紹介します。

ストレスを溜めない

女性ホルモンはストレスによって減少することが知られています。現代社会では人間関係をはじめストレスを溜めやすい生活を送っている人が多く、20代から30代の女性でもイライラやほてり・のぼせといった更年期症状のような症状を感じている方も増えています。そのため、更年期で女性ホルモンの分泌量が低下している時には特に、ストレスを溜めないように過ごすことが大切です。

睡眠を十分にとる

睡眠と女性ホルモンの分泌量は関係があり、睡眠時間の中でもゴールデンタイムといわれる22時から2時の間に、女性ホルモンの分泌が促されると言われます。そのため、「まだ眠たくない…」「もう少しのんびりしたい」とついつい夜更かししてしまう方もいらっしゃると思いますが、なるべく早い時間に横になって眠る習慣を持つことが大切です。

軽い運動をする

毎日の生活の中で、運動をする習慣があるという方は少ないと思いますが、運動をすると代謝を高め、女性ホルモンの分泌を促す効果が期待できるとされています。

運動といってもジムに通ったりランニングをするなどのハードな運動が必要、という事ではなく、ウォーキングやストレッチなど短い時間で簡単にできる運動でも効果が期待できます。朝起きた時や夜寝る前などのちょっとした時間でいいので、運動不足解消のために軽い運動をするようにするといいですよ。

最後に

年齢とともに誰でも経験する更年期。更年期を迎えると身体や心に様々な不調を生じる更年期障害を感じますが、女性ホルモンの低下を補う事によって不調を抑えることが可能です。食事や薬、生活習慣の見直しによって、更年期を穏やかに過ごすことができるといいですね。

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください